読み込み中…

READY TO ROCK?

Click the button below to start exploring our website and learn more about our awesome company
探索を開始

激務の研修医、「つらい」の声も

医師免許を取得した若者が、まず直面するのが「研修医」という立場です。
医療機関で研修を受けながらいくつかの診療科目に触れつつ、現場での経験を積んでいくわけですが、これはしばしば激務であると言われることがあります。

研修医が激務である理由は日本らしい構造にあると考えられています。
若手の医師は、朝早くから出勤病棟の回診を行うカンファレンスを経て、再び回診を行うカルテの書き方や、外来対応について学び、さらには勉強会へも参加するといったような、多くのことをこなしています。
これでは気を休める時間なんてありません。
当直を担当すれば、寝る間も食べる間もなくなる可能性が出てくるでしょう。
これも研修医の仕事を激務化している一つの要因です。

そして、これにはさすがに若い研修医からも「つらい」や「きつい」との声が非常に多く聞かれます。
事実、激務に追われた研修医が自殺をしたという例もあり、また、研修医時代に激務が原因で燃え尽きてしまうという医師も決して少なくありません。

研修を終えてからが本番であるにもかかわらず、その前に燃え尽きてしまう日本の研修医制度には、問題があると言わざるを得ないでしょう。
状況を加味するに、日本の医療政策は研修医制度のあり方自体を考えるべき時期に直面しているのかもしれません。

 

医師の経験談から学ぶ研修期間を乗り越える方法

日本の研修医制度の改革は国策も含めた問題となるため、改善には大変な年月がかかるでしょう。
そして研修医制度がすぐに変わらないのであれば、研修医自身がそれを乗り越える術を身に付けるしかありません。

「研修期間が終われば、十分な知識と技術を獲得し、医師としての役割を果たすことができる」、そうした思いが研修期間を乗り越えさせてくれたと口にする医師は少なくないのですが、こうした経験談はこれから研修医として働く人にとっても意識すべきこととなるでしょう。
「医師として働く喜びを感じていたため、研修医時代のつらさや苦しさも乗り越えられた」と証言する医師もいます。

また、具体的な経験談には、「当直時には、事前にご飯を食べて、少しの時間を見つけては仮眠を取らないと体が持たなかった」というものもあります。
真面目な研修医が、これが意外とできません。真面目であればあるほど食事や睡眠の機会を逸し、それが体や心に大きな負担をかけることになります。

研修期間を乗り越えるには、ズルさとまでは言いませんが、時間を見つけては、人が正常な状態を維持するための行動(食事と睡眠)をとっておくことが重要になると心得ておいてください。

研修期間において意識することは3つ

研修医が常に意識しておくべきことを、敢えて3つに絞って紹介します。
どれも研修医を乗り越えるだけではなく、その後に立派な医師として最高のスタートを切るために重要なこととなります。

①先輩や上司とのコミュニケーションを積極的に取る

研修医の立場では、なかなか先輩や上司とコミュニケーションを取ることが難しいと感じるかもしれません。しかし、必要な報告や相談を行う事は、一般のビジネスレベルにおいても当然とされていることです。
わからないことがあれば積極的に質問をし、わからないことがない状態で仕事をすることが研修医にとっては重要になってきます。
これがしっかりとできなければ大きなミスや遅れへと繋がり、研修期間がさらに激務に感じてしまうでしょう。

②アンテナを張り、目や耳で得た情報を獲得する意識を持つ

研修期間に必要な知識や技術を獲得するためには、アンテナを張り続けていなければいけません。
目で見た情報や耳で聞いた情報はすぐに書き留め、どのような情報でも自分のものにするという意識を高めておきたいところです。
これも、大きなミスや遅れを回避し、研修期間を充実したものにしつつ乗り越えるために必要な意識です。

③復習と予習を忘れないこと

せっかく得た情報も、そのまま寝かせていてはほとんど忘れてしまうでしょう。
激務に追われながらも、しっかりと復習をし、予習も忘れないことが大切です。
反復によって知識や技術は定着していきます。
時間に追われてそれどころではないかもしれませんが、できる限り復習・予習には時間を割くよう心がけてください。

環境を変えることも一つの道、激務の研修期間に注意すること

人にはそれぞれキャパシティがあります。
それを超えてしまえば人間は体調を崩したり精神を病んでしまったりするわけですが、いくら若くて体力がある研修医であっても、激務に追われることでそのキャパを超えてしまうこともあるでしょう。

そうなる前に環境を変えることも、研修期間を乗り越えるための一つの考え方となります。
研修期間においてはどの医療機関に勤めても激務である、というわけではありません。
働き方などは病院によって変わるため、環境を変えることで研修に集中することができるようになれば、それは将来の役にも必ず立つはずです。

激務の研修期間に耐えられるか否かは、自分で判断するしかないことは頭に入れておきましょう。
もし判断が遅れれば医師生命そのものが断たれてしまう可能性も出てきます。
逆に、辛いからといってすぐに環境を変えてしまっては、このような人も将来医師として真摯に患者と向き合うことが難しくなってしまうでしょう。

激務の研修期間における注意点をまとめるとすれば、「適切な判断をすること」これに尽きます。
そして、例えばドクタールートなどの求人サイトで案件をチェックして現場では「どのような医師が求められているのか」を把握するなど、
将来へのキャリアパスを常に意識して取り組む事でモチベーションを上げていきましょう。